需要は増えている

資料を見ている

遺品整理を利用する方が最近増えています。もともとは、亡くなられた方の遺族が葬儀などが落ち着いたころに着手していたものですが、近年では業者に依頼するという方も少なくありません。核家族化の進行や高齢化がその背後にはあります。特に、近年では亡くなられた高齢者の身寄りも高齢者で遺品整理に手が回らないという依頼も少なくありません。 また、生前から身辺整理を行う方も増えています。自宅の思い出の品の整理や不用品の処分など、元気なうちに業者に依頼し、亡くなった後に子どもたちの世話にならないようにと配慮するといった具合です。こうした生前からの自宅の整理も請け負うという遺品整理業者が増えているのも近年の特徴です。厳密にいうと遺品の整理ではありませんが、このように今後も遺品整理業者のニーズは高まるとみられています。

遺品整理業者を利用するのは初めてという方がほとんどです。最近では実に多くの業者がありますし、金額も様々です。まずは、どのような対応を依頼したいかを整理しておきましょう。単に物品の廃棄・家電製品など一部買い取り・部屋の清掃及び消毒など、一口に遺品整理と言っても様々な業務があります。どの程度までお願いしたいのか予め確認しておくことで、依頼する際に正確な見積もりを得ることができます。なお、できれば複数のところから見積もりを得るほうが客観的に状況が判断できてよいでしょう。 思い出の品など遺族の手元に残したいものを探し出してほしいという場合は、認定資格を持つ専門スタッフがいるところがよいでしょう。物品の取り扱いに大きな差が出ますし、見過ごすことなく手元に残すことができます。