様々なサービス

サポーターの仕事

近所づきあいの希薄化や核家族化などによって、家族だけで葬儀を行う家族葬が最近増えています。安価で葬儀をあげることができる他、場所や時間を取らないため若い世代を中心に行われています。そんな家族葬ですが、似たようなサービスとして以下の様な様式があります。 まず挙げられるのが密葬です。これは家族や近親者のみで行われる葬儀です。家族葬とよく似ていますが、後日に本葬を営むことになるため、負担する費用は大きくなってしまいます。そのため芸能人や著名人などの社会的知名度の高い人が行うことが多いです。 次に挙げられるのが直葬で、これは通夜や葬儀などを行わず、直接火葬を行うもので、家族葬や密葬以上に費用負担が少なくすむのが特徴です。葬儀を上げにくい事情があったり、費用負担が難しい場合などに行われます。 このように家族葬に似た様々な様式があるため、自身の状況に合ったものを選択することが重要です。

日本における葬儀は、大規模な斎場を利用し親族はもちろんのこと故人と関わりのあった者を極力多く集めて行うのが一般的でした。しかし、こうした大規模な葬儀は、葬儀の準備に多大な労力を必要とし、ただでさえ故人の死にショックを受けている喪主の負担を増すものです。 このため、昨今は小規模な葬儀の形態として家族葬が注目を集めています。家族葬は読んで字のごとく、個人の近親者のみで執り行う葬儀の形です。喪主の負担が少なく、故人との最後の別れをゆったりと過ごすことができるのが特徴と言えます。 昨今では、家族葬専門の斎場も建設されており、従来の斎場と異なった明るい雰囲気のものも登場しつつあります。価格面でも、演出をコンパクトに抑えたリーズナブルなものから費用をかけてこだわったものまで、各種タイプの家族葬が用意されています。