事情について

葬儀に出る

最近、お通夜やお葬式に行っても「香典は辞退いたします。」と書かれてある場合が多く見受けられます。これは家族葬が増えたことと、香典返しが大変だということも理由の一つとして挙げられます。 というのも、以前は香典返しは四十九日の法要後からひと月程度でお返しをするのが一般的でしたが、最近は早くお返しを済ませたいということで、葬儀後や初七日明けに香典返しをする方も多いのです。その為、香典返しについての豆知識やテクニックなどもよくわからないままになってしまうため、葬儀会社の情報を頼りにする場合が増えてきています。 そこで、「初めから香典をお断りする」という選択をされる方が近年では増えてきているというのが実情です。

「香典を初めから辞退する。」というスタイルが増えてきている近年の葬儀事情ですが、やはりまだまだ香典をいただいて、きちんとお返しをする場合も多く見受けられます。 最近の香典返しについてきちんと知ることがまず第一歩です。 一般的には四十九日を過ぎてからお返しをするのが昔からの風習としている場合が多いのですが、近年では早くお返しを済ませた方がいいといわれることもあり、葬儀後や初七日が済むとすぐにお返しをする方も増えてきています。 そこで、葬儀の時に受付で香典を受け取る際に、香典返しとして金額に応じたカタログなどを渡すこともあります。この場合、葬儀後バタバタした中で香典返しのことを考えなくていいということで、とてもメリットがある方法といえます。